秋に行うスノーダクトのメンテナンスは冬を安心に過ごすための保険です!

9月も下旬になり、札幌では冬に欠かせない排雪サービスの契約が始まってきました。

※排雪サービス…12~3月までの決まった曜日に自宅前の雪をダンプに積み込み、雪堆積場へ運搬する事。

昨年の札幌は10月23日に初雪が降り、11月18日に根雪となって例年よりも早く冬が到来しました。

今年は平年並みの雪とのことですが、こればかりは冬になってみないと分かりません。

その冬になる前にアパートオーナーや一般住宅の皆様にスノーダクトの点検をおすすめします。

北海道胆振東部地震の前に訪れた台風のせいで、9月4日ごろに暴風が吹き荒れていました。

そのせいで屋根のスノーダクトには、枯葉やビニール類のゴミなどが溜まっているかもしれません。

万が一スノーダクトの凹型排水溝に枯葉やゴミが詰まっていると、雪が融けても排水されずに屋根裏に漏水する可能性があります。

スノーダクトの構造

北海道で多く見られるスノーダクトの屋根はM字型になっており、屋根に積もった雪がヒーターや生活排熱で暖められて融け、M字型の谷側にある凹型排水溝に流れる仕組みになっています。

その凹型排水溝の底の真中に排水用のパイプが設置されており、パイプは下水道の雨水ますに接続しています。なお、パイプ入口には凍結防止ヒーターが備えられています。(凍結防止ヒーターがない場合もあります)

スノーダクトによっては、凹型排水溝の上にカバーやすのこが設置されていますが、我家のようにまったく何も設置されていない住宅もあります。

M字型屋根

スノーダクトが漏水する4つの原因

1.カバーやすのこが設置されていない

我家のようにスノーダクトにカバーやすのこが設置されていない場合は特に危険です。

枯葉やビニール袋等のゴミ、泥が強風で舞い上がり、凹部の排水溝に溜まるからです。

札幌は9月初旬の台風による強風で、枯葉どころか木の枝や段ボールまでも舞い上がっていましたので特に今年は注意が必要です。

枯葉

2.カバーやすのこが経年劣化してきた

屋根は住宅の中で一番厳しい環境にありますので、カバーやすのこも年数が経てば経年劣化してきます。

木製すのこの場合は、釘が腐って木材同士が離れてしまい、スノーダクトを塞いでしまうことがあります。

木材がスノーダクトの中に入り、融雪パイプの入口を塞ぐと間違いなく漏水になります。

3.パイプの破損

凹型排水溝から流れる水がパイプの中で凍結し、パイプが破損する場合があります。

これは雪を融かすヒーターの故障や、枯葉や泥でパイプの配管がつまり水が流れなくなって凍結し、パイプを破損するからです。

4.接合部分に隙間がある

凹型排水溝と屋根との接合部分に隙間があると要注意です。

通常はコーキング(充填剤)によって隙間が埋められており、水が入らない設計になっています。

しかし、隙間ができることにより冬期間の雪どけ水だけでなく、夏場の局地的な大雨でも屋根から漏水する危険性があります。

雨漏り

漏水に対する4つの対応策

①スノーダクトの凹型排水溝にカバーやすのこが設置されていない場合は、雪が降る前に設置することをおすすめします。

最近は簡単に取り付けできるカバーが発売されているので参考にしてください。

大栄建工株式会社

ポリの介  URLhttp://www.daieikenko.co.jp/reform/snowduct.html

②専用カバーやすのこが経年劣化したら交換するしかありません。

前項で紹介したポリの介はカーボネート樹脂製で強度耐候性に優れているので検討してみる価値があると思います。実は我家でも検討中です。

③パイプの破損については、漏水にならないと状況を把握できないかもしれません。

なぜならパイプ自体が屋根の下に配管されているため、破損しているかどうか分からないからです。

確認するには、屋根からパイプに直接水を流してみて配管から漏水するか見届けるしかありません。

④凹型排水溝と屋根との接合部分に隙間がある場合は、コーキングが劣化したか剥離したと思われます。

この場合は、原因がはっきりしているので隙間にコーキングをすれば問題は解決します。ホームセンターに行ってコーキング剤とコーキングガン(コーキングを注入する道具)を購入して自分で施工すれば安上がりですよ。

コーキングガン

以上、簡単に対応策を書きましたが、大事なのは1年に一度、定期的に点検して事前に漏水を防止することではないでしょうか。

まとめ

  • 強風などにより屋根にゴミが溜まるとスノーダクトは漏水する
  • 雪の降る前に点検し、カバーやすのこが劣化している場合は早めに交換する
  • 凹型排水溝と屋根との隙間は自分でコーキングすると安上がり
  • 一年に一度はスノーダクトの定期点検を行う

今回も最後までお付合いいただきありがとうございます。

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です