【柳月】素朴で健康志向の自然の恵みを詰め込んだ逸品「十勝この実」

今回は以前にテレビコマーシャルにも出ていた、柳月さんの窯焼きフィナンシェ 「十勝この実」(トカチコノミ)をご紹介します。

ちなみにフィナンシェとは、フランス発祥の焼き菓子やバターケーキの意味です。

「十勝この実」は、2008年全国大博覧会で農林水産大臣賞を受賞したお菓子です。

軽快な音楽をバックに宣伝されていたテレビコマーシャル(YouTube)を見ると「あった、あった、このコマーシャル」と思い出されることでしょう。

この「十勝この実」を買いに柳月さんの店舗に行きましたが、箱入りの商品がなかったためバラ売りの商品を購入してきました。

どの商品もバラ売りしているのが、お菓子メーカーとして良心的だと感心しました。

「十勝この実」基本情報

価格5個入730円、10個入1,510円(税込)
一個あたりのカロリー178.3kcal
賞味期間15日間

出典:「十勝この実」「柳月」

外観は割と地味な焼き菓子

個別包装されているビニールには、縦書の小さい文字で「窯焼きフィナンシェ」、同じく縦書の大きな文字で真中に「十勝この実」、一番下側に横書で「北の自然菓 柳月」と記載されています。

北の自然菓は、北海道の自然の恵みを使ったお菓子の意味だと、かってに想像してしました。

また、表面に白っぽい楕円形のイラストが施されていますが、全体にシンプルな包装です。

ビニールは透明のため中が見え、茶色い生地の表面上側に緑色の「かぼちゃの種」、真中に「くるみ」、最後に「松の実」が配置されています。

真中に「くるみ」を埋め込んでいるためか、生地の表面が地割れのようになっていますが、これもデザインなのかと思ってしまいます。

かぼちゃの種が緑色で目立ちますが、全体的に彩りにかけるため地味で秋を感じさせるお菓子です。

十勝この実包装

素朴な自然の味

それでは実食してみましょう。

斜めに切ったところ

個別包装を開けると焦がしたような香ばしさが広がってきます。

甘いポップコーンのような臭いがしますが、これが焦がしバター風味なのでしょう。

生地を食べると表面は少しかためですが、中は柔らかく口当たりのいい食感です。

かぼちゃの種は、単独で食べると多少の苦みがありますが、生地と一緒だとぜんぜん苦みがありません。

しっかりとした歯ごたえがあり、ビタミンやミネラルが豊富です。

くるみはカリカリとした食感があり、一番大きな実のため存在感があります。

生地と一緒に食べると自然の甘さが口の中に漂い、後味が残る気がします。

最後の松の実は、単独で食べてもあまり味がしません。

普段から松の実は食べないので、本来の味がどうゆうものなのか分かりませんが、存在感は感じないと言ってもいいでしょう。

しかし、かぼちゃの種やくるみ等を焼き菓子にしているのは驚きです。

自然の恵みをお菓子に詰め込んだ逸品だと思います。

外観は地味で派手さはありませんが、素朴で健康志向の自然派お菓子ではないでしょうか。

札幌に観光に来られる方には、是非一度ご賞味いただきたいと思います。

十勝この実を手で持ったところ

日持ちするので地方発送におすすめ

「十勝この実」は子供から大人まで誰にでも口に合うお菓子だと思います。

あまり甘くなく、何度でも食べたくなるお菓子です。

また価格も5個入り730円(税込)、10個入り1,510円(税込)とお手頃価格です。

賞味期限は15日間ですので、札幌から地方へも安心して発送できるのがいいですね。

北海道のお土産には最適ではないでしょうか。

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

「柳月」の公式ホームページは以下のリンクからご覧になれます。

👇

〈公式〉柳月

よろしければあわせてご覧になってください。

【柳月】懐かしい!黒糖風味の薄皮で十勝産のあずきあんを包んだ「とんとろまんじゅう」

【柳月】懐かしい!黒糖風味の薄皮で十勝産のあずきあんを包んだ「とんとろまんじゅう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です