住宅ローンの借入れをお考えなら「フラット35」がおすすめ

住宅を購入するために住宅ローンを検討されている方は、その選択肢の一つにフラット35を検討してみませんか。

フラット35は、ずっと固定金利の住宅ローンですが、保証料や繰上げ返済料手数料が無料のうえ、親族の住宅、セカンドハウスにも利用できるので該当する方には検討に値すると思います。

フラット35のしくみ

フラット35は民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する全期間固定金利型住宅ローンです。

そのため取り扱い金融機関や商品タイプにより借入金利や融資手数料などが異なります。

また、借入期間(20年以下、21年以上)や融資率(9割以下、9割超)、加入する団体信用生命保険の種類に応じて借入金利が異なります。

金利や融資手数料はこちらで検索してください。

「最新の金利情報 長期固定住宅ローンフラット35」

https://www.simulation.jhf.go.jp/flat35/kinri/index.php/rates/top

フラット35キャプチャ画面

フラット35スクリーンショット

ずっと固定金利の安心

全期間固定金利型のため、借入時に借入期間全体の返済額が確定します。

このため借入後に市場金利が上昇した場合でも、返済額は増加しないため安心です。

また、借入額は100万円以上8,000万円以下になります。

申込要件とは

①申込時の年齢が70歳未満の方、②日本国籍の方、永住許可を受けている方又は特別永住者の方、③すべての借入に関して、年収に占める年間合計返済額の割合が次表の基準を満たす方が申込対象者になります。

年収400万円未満 400万円以上
基準30%以下 35%以下

借入期間

15年(申込本人又は連帯債務所が満60歳以上の場合は10年)以上で、次の①または②のいずれか短い年数(1年単位)が上限となります。

①80歳-「申込時の年齢」(1年未満切り上げ)
例:50歳であれば、80歳-50歳=30年が借入期間になります。

②35年

借入対象住宅

住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する住宅で、住宅の床面積が次表の基準に適合する必要があります。

一戸建住宅、連続建住宅及び重ね建住宅の場合70㎡以上
共同建住宅(マンションなど)の場合30㎡以上

フラット35の利用に際しては、住宅金融支援機構が定めた技術基準に基づく物件検査が必要です。

また、物件検査手数料はお客様負担となりますので注意が必要です。

保証料、繰り上げ返済手数料は無料

住宅ローンの借入に必要な保証料はかかりませんし、保証人も必要ありません。

また、返済中の繰上げ返済や返済方法の変更も手数料はかからないので良心的です。
安心する女性

返済中も安心サポート

団体信用生命保険に加入することにより、万一の時に住宅金融支援機構に支払われる保険金が債務(借入金)に充当されるため、毎月の返済が不要になります。

団体信用生命保険は2種類用意されていて、選択することができます。

①「新機構団信」

死亡、身体障害状態を保障する保険

※満80歳の誕生日の属する月の月末まで保障されます。

②「新3大疾病付機構団信」

①の保障に3大疾病保障・介護保障を加えた保険

3大疾病とはがん、急性心筋梗塞、脳卒中で、介護保障は要介護2から要介護5までが対象となります。

※満75歳の誕生日の属する月の月末まで保障されます。それ以降は「新機構団信」の保障内容になります。

セカンドハウスや親族の住宅にも利用可能

セカンドハウス(単身赴任の住宅や週末を過ごすための住宅等)や親族が住むための住宅でもフラット35を利用することができます。
ただし、賃貸住宅には利用できません。
また、原則として住宅ローン控除は利用できませんので注意が必要です。

※取扱金融機関によっては利用できない場合があります。

住宅ローンのイメージ

まとめ

  • 全期間固定金利のため返済額は一定で安心できる
  • 物件検査手数料はお客様負担
  • 保証料なし、保証人なし、繰上げ返済手数料なし
  • 団体信用生命保険は2種類あり選択できる
  • セカンドハウスや親族の住宅も利用可能

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です