【不動産売却の知識】③家の売買は仲介と買取どっちが正解?

売却する自宅の価格もおおよそ分かってきたところで、どのような方法で売却しようとお考えですか。

実際に売却するには、仲介と買取りの二通りの方法があり当然ながら、それぞれにメリット、デメリットがあります。

二通りの売却方法とは?

簡単にご説明しますと、仲介というのは、不動産会社が宣伝をして買主様を探し、売主様と買主様の間に入って契約する方法です。買主様が個人の方なのが一般的です。(法人の場合もたまにありますが)

これに対して買取りは、自宅を不動産会社が売主様と直接交渉して購入する方法です。

買主の不動産会社が購入後にリフォームをして一般の個人の方に売却します。

それでは、仲介と買取りではメリット、デメリットがどのように違ってくるのでしょうか。

メリットデメリット

仲介のメリット・デメリットとは?

まず仲介ですが、一番のメリットは「高く売れる可能性が非常に高い」ということです。

物件にもよりますが、人気の高い物件は希少価値のため、多少価格が高くとも複数の買主様が現れます。

二番目は、売却の依頼を一社だけでなく「何社にも依頼できる」ことです。

一般媒介契約であれば、何社の不動産会社とも契約でき、それぞれを競い合わせて売却することも可能です。

反対にデメリットは、「売却までに物件によっては時間がかかる」場合があることです。

人気物件でなければ、販売活動が長期化し「近所の人に売り出ししているのを知られてしまう」ことになります。

長期化によって「売却が決まるまで何度も案内が必要」になります。

また、仲介手数料が必要(売却価格の3%+6万円+消費税)ですし、契約条件によりますが、「瑕疵担保責任(売主が買主に対して負うべき損害賠償等の責任)」が発生します。

不動産業者のイメージ

買取りのメリット・デメリットとは?

続いて買取りをご説明しますね。

買取りの強みは、「価格の折り合いさえつけば、すぐに契約(売却)できる」ことです。

買取りの相手が不動産会社のため一度案内して、話がまとまれば完了です。

買取り会社と直接契約ならば「仲介手数料がかからない」ですし、近所の人に売出しを知られることもなく、「瑕疵担保責任が不要」で「すぐに現金化」することができます。

また、「事故物件」でもかなり価格は下がりますが、買取り可能です。

デメリットとしては、何と言っても「売却する価格が安い(一般的な成約価格の70~80%)」ことに尽きます。

資金繰りのために売却を急いでいるとか、事故物件のため売却が難しい場合を除いて買取りに出すメリットは少ないと思います。

様々な家族

まとめ

  • 特別な事情がなければ仲介で売るのが一番高く売れる
  • 買取りは仲介手数料がかからないが、価格が2~3割安い
  • 事故物件などは買取りを利用した方がいい場合がある
  • 仲介、買取りの不動産会社両方から話を聞いて判断するのも一案

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です